専業主婦のキャッシングは危険なのか?

2016年セリーグの監督について

2016年のセリーグの監督についてです。
まずヤクルトは真中監督。昨シーズンからの続けての指揮になります。真中監督といえば2015年のドラフト会議の抽選で、あたりを引いたと勘違いをしたのが少し有名になりました。2014年の最下位から2015年はリーグ優勝に導いたので、2016年と結果が注目されます。知りたい情報は!野球 まとめを参考にして下さい!
ジャイアンツは高橋新監督です。昨年の代打の成績を見ると選手として少しもったいない気もしますが、慶応出身の知的な頭を活かして最高の采配をしてくれると信じています。
タイガースは金本新監督です。選手時代のイメージからすると自分と同じように一人の選手を使い続けるような気がしますが、采配に注目です。
カープは緒方監督です。昨年から続けての指揮になります。緒方監督は独特の采配が昨年光りました。今年もどのような采配が出るか注目です。
ドラゴンズは谷繁監督です。昨年まで選手兼任でやっていましたが、今年から監督に専念するので、少しチームの状況としては変わってきます。
ベイスターズはラミレス新監督です。日本の野球を知り尽くしていると言っても過言ではないラミレス監督。お笑いキャラのイメージが強いかもしれませんが、実際はかなり知的で努力家なので監督としても大成すると思います。
このように6チーム中3チームが新監督で、全チーム40代の監督です。
監督としてはかなり若いので、今年のセリーグは大胆な采配や珍しい采配がたくさん見れるかもしれません。
今年のセリーグから目が離せません。